Energy to Healthcare

ルミナス社は、1966年に創設されたレーザ製品のパイオニアであるコヒレントメディカル社がその前身であり、レーザ、光、高周波などを利用したエネルギーベースの最先端技術を通じて医療に貢献し続けるグローバルリーダーです。

IPLによるフォトフェイシャル、ダイオードレーザによる長期的な減毛、蒸散等を目的としたCO2レーザなどを中心としたエステティック事業、泌尿器科での前立腺肥大や尿路結石、耳鼻咽喉科でのレーザ鼓膜切開・声帯ポリープ切除、婦人科での子宮頸部異形成などの治療を中心としたサージカル事業、網膜・虹彩等の眼疾患、緑内障・後発白内障に伴う眼疾患、眼瞼の炎症などの治療を中心とした眼科事業など、医療の幅広い分野において長期的な信頼を勝ち得てまいりました。

そのような世界中の医師・医療従事者との長年にわたるパートナーシップにより研究開発および臨床エビデンスを積み重ね、数多くの革新的な治療法を生み出し、低侵襲で臨床的有効性の高いゴールドスタンダードを作り上げてきました。今でも220を超える特許を維持し100を超える国々で8万台以上の製品が稼働しております。

Bringing the Light of Life to those in need

Lumenisという言葉はラテン語で”Light of Life”(生命の光)を意味します。それは光やレーザなどが我々の技術革新の中心となっていることを示していますが、同時に患者さまの疾病や怪我の治療、QOLの向上といった我々の使命である”人生への貢献”の象徴でもあります。ルミナス社は必要とされるのであれば地球上のどこにでも、例え恵まれない劣悪な環境であろうとも、人生をも変えることのできる「手助け」を届けることをコミットしています。

株式会社日本ルミナスは、変化し続ける様々な分野の医療現場から常に新しいことを学び続け、さらに大きく貢献するよう努めてまいります。

株式会社日本ルミナス
代表取締役社長 伊藤嘉規