緑内障

SLTテクノロジーのパイオニア

開放隅角緑内障は、世界中の5000万人以上の人々の視力を脅かしており、年間症例数は著しく増加しています。 これは、緑内障患者が多くの施設で重要な部分を占めていることを示しています。 ルミナスは眼圧を下げ、この進行性の変性疾患をコントロールするために不可欠な手術方法を眼科医に提供し続ける眼科用レーザシステムのArrayを提供します。

レーザシステムSelectaシリーズは低侵襲技術により、選択的レーザ線維柱帯形成術(SLT)を使用し、緑内障患者の治療が可能です。SLTはアルゴンレーザ線維柱帯形成術(ALT)の利点を提供します。

スマートセレクタデュエット

SLT + YAG
緑内障治療のためのスマートセレクション

セレクタシリーズ

包括的なSLT製品ソリューション

適用 SLT(532nm @ 3ns)-TMの色素細胞を選択的に標的にします。 「SLT」 虹彩切開術(1064nm @ 3ns)-虹彩に穴を開けます。 「YAG」 被膜切開術(1064nm @ 3ns)-嚢の切開。 「YAG」
レーザシステム 開放隅角緑内障 “高眼圧” 閉塞隅角緑内障 “虹彩ブロック” 後嚢の濁り “後発白内障”
Selecta® Duet “YAG & SLT” V V V
Selecta® II “SLT&rdquo V

スマートセレクタデュエット 製品ビデオ

PB-2006798 Rev A